Top
亡き伯父を偲んで
小柄で細かったけど
逞しく漁師をしていた伯父。
温和で飄々として面白かった。

2年前に父方の伯母の葬儀で寄ったとき
自作の短歌をいくつか見せてくれた。
島の自然と生活を詠った素敵な歌。
いろいろ賞も貰ったのだとか。
知らない一面だった。

ネットで拾えた2首。

強風の岬の下の風陰(かざかげ)に百合鴎浮く二十羽あまり

朝早く飯炊く母の膝に寄り歌を聞きつつ吾幼かり
[PR]
Top▲ | by na_nase | 2006-11-13 07:48 | つれづれに | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< ばたばたの朝 | ページトップ | 海を渡って >>